作業員

土台をしっかり基礎を固める地盤調査で強固な家に

見えない部分に気を配る

作業員

土地の真下の地質調査を行ってからマイホームを建てるようにすると、その土地が自然災害に強いのかどうかが事前に分かるので、防災効果がかなり高くなります。また、専門の業者に個人的にお願いをする方法もあり、このアプローチの最大の魅力は迅速に地質調査を行ってくれる点につきます。

詳細

検査結果から地盤を調べる

シャベルカー

平板載荷試験はある土地に重機などで荷重をかけて、その土地がしっかりと安定している土地かどうかを検証するためのテストです。テスト結果では土地の状態が安定しているかどうかを体感で判断しやすく、検証結果を数値として得る事もできます。

詳細

安全な土地を買いたい

男性

土壌汚染調査は、土壌汚染対策法のような法律や条例などで義務づけられている調査と、個人が自主的に行う調査とに分けられます。個人が土地や建物を購入する前に行う土壌汚染調査については、自主調査の方に入ります。

詳細

住宅建築における地盤

工事現場

地盤の強度が重要

住宅建築においては、その土地の地盤が非常に重要になります。どんなに頑強な建物を建築しても、その土台となる地盤が軟弱であれば地震が来たらひとたまりもありません。そのため、住宅建築を行う際には、事前に地盤調査をしっかりと実施することが重要になります。地盤調査を行う際には、周辺の地盤の状況をできるだけ調べておくことが大切です。一般的に、地盤調査は建物の基礎をうつ部分における強度をチェックすることになりますが、たまたま、調査地点だけ強度が高いという可能性もあります。周辺の地盤調査まで行うことはできませんが、かつて、周辺地域がどのような状況だったかを知ることによって、地盤の強度を的確に把握することができるのです。

専門の調査会社に依頼

地盤調査を行う場合には、専門の調査会社が人気があります。通常の住宅建築の場合、建築の施工を請け負う業者の関連会社が地盤調査を行うことが少なくありません。その方が地盤を調査した結果を適切に補強工事に反映させることができるからです。その一方で、地盤強度がきちんと調査されたのかどうか調査の客観性が欠けているという問題がありますので、施工会社と別の調査会社に依頼することがおすすめです。日本の場合、地盤補強工事が過度に実施される傾向にあるため、その工事費の割合も高い比率を占めています。もちろん安全性に問題があってはいけませんが、十分な補強工事が実施されていればいいので、客観的な目線で調査してくれる専門の調査会社に依頼することが大切です。