メンズ

土台をしっかり基礎を固める地盤調査で強固な家に

安全な土地を買いたい

男性

調査が必要になるケース

土壌汚染調査が必要になるケースですが、土地開発などでその土地に危険な物が埋まっていないかを調査する場合や、土地や家を購入する前に調査を行うケースなどです。土壌汚染調査は、調査が義務づけられている場合と自主的に調査する場合とに分かれます。土壌汚染対策法などの法律や都道府県の条例などで定められている場合もあるようです。国や地方自治体が行う土地開発の方は義務であり、個人が土地を購入する場合などは自主調査となります。過去に、その土地に有害物質を利用している工場などがあった場合などに、土壌汚染調査が行われます。土壌汚染調査では、その土地が何に利用されてきたかを調べ尽くすことになります。ただ、どこまで調べるかは予算にもよります。

調査の内容

土壌汚染調査の内容ですが、その土地が過去にどのようなものに利用されてきたかを調べることになります。調査員は住宅地図や登記簿、その土地の環境に関わる書類などを集めて、土壌汚染の可能性について調査します。また、地面を掘って地質や土壌の中のガスを採取して分析を行います。井戸を設置して、地下水の汚染の状態なども調べます。飲み水の汚染は重大だからです。ただ、どの程度まで掘り進めるかは予算にもよるようです。土地の面積が広ければ、それだけ土壌汚染調査に時間がかかります。個人が土地や建物を購入する場合などは、十分に予算が取れない場合もあるでしょう。土壌汚染調査の結果に問題があった場合には、その土地に住む住民に健康被害が出ないようにあらゆる浄化対策が取られます。