メンズ

土台をしっかり基礎を固める地盤調査で強固な家に

検査結果から地盤を調べる

シャベルカー

地盤がどのような状態かを検査する確認テストが「平板載荷試験」です。平板載荷試験は、重機などで地面に圧力を掛けて、その土地の地盤が安定しているかどうかを検証する方法でチェックをします。例えば埋め立て地の場合には地盤が不安定で状態が安定していない場合、建物を建設した時に地震などの影響を受けやすくなる可能性があります。ビルなど、大型の建物の場合には地面にパイルを打ち込んで地層の下部まで安定した基礎工事を行う事ができます。しかし一般住宅の場合は、あくまで一般向けの基礎工事で済ませるために基礎も不安定となってしまい、欠陥住宅になってしまう事があるのです。家を建ててから10年後に「リビングの床板が斜めになってしまった」などという場合は基礎の土壌に問題が生じていた可能性があります。建設前に注意が必要です。

平板載荷試験では、重機を使って荷重をかけることにより住宅などを建てる基板となる土地の検査を行う事ができます。平板載荷試験では住宅を建てる前に基礎土壌の安定性を調べる事ができるため、テストで安全性が確認できた土地の場合は建物を建ててから欠陥が生じたというトラブルが生じにくくなります。土地の地盤は地震などの影響によって大きく歪んでしまうことがありますが未然に確認することができるのです。埋め立てした土地では地下水などの影響により地盤が不安定になりやすいという事情から、欠陥住宅が生じやすくなる事があります。なので、事前検査によって地盤状態がわかれば、建物を建てた後から欠陥などのトラブルが生じにくいとわかるため平板載荷試験によるチェックが大切です。