メンズ

土台をしっかり基礎を固める地盤調査で強固な家に

見えない部分に気を配る

作業員

自然災害に強い土地

マイホームを建てる時、基本的には多くの人が土地の広さや建物の外観に意識を向けてしまいがちですが、目に見えない部分にまで気を配れると二十年・三十年と安心して暮らせる家になります。地震などに代表される自然災害に強い家を建てるためには最新の建築技術を用いた家をチョイスするのが一般的ですが、この方法のメリットはどんな家になるのかをあらかじめイメージした上で建てるかどうかをきめられる点です。完成後のマイホームの姿が分かっていれば迷う心配もないですし、当然ながらそれは後腐れのない買い物へとつながります。これに対して、土地の真下の地質調査を行ってからマイホームを建てるようにすると、その土地が自然災害に強いのかどうかが事前に分かるので、防災効果がかなり高くなります。たとえば、地震が起こった時に建物に対してどのようなダメージが及ぶのかは揺れ具合によって決まり、地面が揺れなければ揺れない程その上に立っている建造物は被害を受けないです。それを踏まえるとまず行うべきは地質調査です。

迅速に調査をしてくれる

市役所などに行って資料をもらい、自分自身で地質調査を進める方法もあります。大学の地理学科などを卒業していて、測量の経験などがある人はこの方法が最もお得です。しかし、一般的には専門の業者に地質調査をお願いした方が確実ですし、何よりもラクです。最近では震災に対する意識の高まりから不動産会社が地質調査を請け負ってくれる場合もあります。土地に関する情報にあわせて地質についても教えてもらえるので、マイホームを建てる時にかかる費用をおさえられますし、時間がかからないのは大きな魅力です。これに対して、専門の業者に個人的にお願いをする方法もあり、このアプローチの最大の魅力は迅速に地質調査を行ってくれる点につきます。不動産業者の場合にはいろいろな調査の一環として地質調査を行うわけですが、専門のところの場合には地質調査だけを請け負ってくれるわけですからフットワークの軽さは抜群です。頑丈なマイホームを建てることで家族の命を守れることを考えると、ここまで徹底する意味は大いにあります。